若者の街、京橋

ビールで乾杯するサラリーマン大阪の繁華街といえば、キタエリアとミナミエリア。梅田や心斎橋、難波など1日中人が行き交う場所で、朝から夜まで老若男女問わず大勢の人々で賑わいを見せています。一方京橋といえば駅前は飲み屋街があったり、少し離れるとオフィスが立ち並ぶエリアがあるイメージが強く、「大人の街」といった印象があります。なので、京橋が若者の街だということに違和感を覚える人も少なくないはず…。通勤や通学で使用されることも多い京橋駅は、乗り換え駅として使用されることも多く、途中下車してちょい飲みを楽しむ人も大勢います。そのため駅前にはリーズナブルに楽しめる居酒屋が多くあります。夜になると学校帰りの大学生から仕事終わりのビジネスマンまで、色んな職業の色んな年齢の人々が楽しくお酒を飲んでいます。

若い女の子と遊びたい!

ミニスカ女性京橋は数年前に16歳前後の女の子たちがガールズバーで働いていたとして、摘発されたことがあります。摘発があったので厳しく今では18歳未満の子が働いてるお店はないと言われていますが、それでも18歳から20歳ぐらいの若い女の子や、ロリ系で未成年に見える20代前半の女の子など、比較的若い(若く見える)女の子が多いのが京橋のもう1つの特徴です。京橋のお店に若い女の子が多いことは夜遊び好きの人には知られており、ロリ好きの人や若い子と遊びたい人は京橋エリアを訪れています。

大阪京橋エリアのキャバクラでは20代前半の女の子が活躍しており、平均年齢は他のエリアに比べて低めだと言われています。ただしキャバクラだけあって、女の子たちのレベルは高く、接待利用して喜ばれることも多いようです◎大人の落ち着いた女性と遊びたいなら新地やミナミのニュークラブ、勢いのある若い子と遊びたいなら京橋エリアのキャバクラなど使い分けている人も多いです。

ガールズバーから風俗まで

水着姿の女性大阪京橋にはガールズバーやキャバクラ、そして風俗店まで男性が楽しめるお店が多くあります。がっつりとストレス発散したい日は風俗で遊ぶけど、予算を決めて楽しみたい時はセクキャバで遊ぶ…などその日の気分によって選ぶことができます。近くに女の子と遊べるお店が集まっているため簡単にハシゴできちゃうのも京橋エリアの特徴のひとつです。京橋は比較的コンパクトな街で、飲むならこのエリアで、女の子と遊ぶならこのエリア、ショッピングをするならこのエリア…といったように割と同じエリアにお店が固まっているため、非常に遊びやすい地域だと言えます。同じビルでセクキャバもキャバクラも風俗も網羅されているビルもあるんですよ。

京橋のキャバクラ

マップ大阪京橋のキャバクラは、ミナミや梅田など他の地域と比べると少し安く遊べると言われています。LINE@などでクーポン配信されているお店も多いため、初回が特にお得であることに変わりはないですが、2回目以降の来店でもお得に遊べることも増えてきました。京橋キャバクラは駅から5分圏内ぐらいにあることが多く、お店に行くまでにも結構誘惑があります。キャッチにつかまりそうになったり、案内所に吸い込まれそうになったり、キャバクラにたどり着くまでが意外と大変です。特に地図なんか見ながらキョロキョロしてると「何かお探しですか?」とターゲットにされる確率大なので、極力目的地まではスムーズに向かうことをオススメします。キャバクラはしっかりとビルに看板を出していて、分かりやすい場所になるので、あまり迷うことはないかと思いますが、迷ったらコンビニとかで聞くのが得策です◎案内所を通すよりもLINE@とかホームページのクーポンを使って遊んだほうが安く遊べるので、うっかり案内所の人に聞いてそのまま案内されちゃったらちょっと料金が割高になってしまいます。